• SANCO

暮らしの理想も、ライフスタイルも、
家族によってそれぞれ違うもの。
夢の実現をお手伝いするのが、
三交ホームの自由設計です。

「こんな家に住みたい」という理想を形にする、
三交ホームの自由設計。
「自由」を実現できる、確かな理由があります。

三交ホームの自由設計。強みは『設計力』『提案力』

他社の「自由設計」と何が違うの?
image

すべてをフルオーダー。だから設計の自由度は無限大。

多くの住宅メーカーが自由設計をうたっていますが、実際の「自由度」の高さはそれぞれ異なります。多くのメーカーが採用しているのは、仕様やデザインを規格化し、それをベースにカスタマイズを行う方法です。しかしこの場合、選択の幅が限定され、理想通りのプランを実現できないケースがあります。一方、三交ホームの注文住宅は、お客様のご要望内容や土地の形状などに関わらず、一からフルオーダーで設計を行います。そうしたアプローチの違いが、自由度の差につながるのです。

なぜ自由な設計が実現できるの?

「木造軸組工法+外断熱工法」。工法の違いが大きな差に。

自由設計を実現できる大きな理由のひとつが、構造上の制約の少なさです。 三交ホームが採用する「木造軸組工法」は壁や窓などの位置がほぼ制限されず、間取りを自由にデザインすることができます。 さらに「外断熱工法」を採用していることも、自由設計の実現に大きな役割を果たしています。

■木造軸組工法ってどんな工法?
image

木造軸組工法とは、柱と梁によって建物の重量を支える工法です。ツーバイフォーなどの壁式工法(面で支える工法)に比べて間取りの制約が少なく、大きな窓や広い室内空間などを自由に表現できます。

木造軸組工法について詳しく >
■外断熱工法はなぜ自由設計と相性が良い?
image

構造体の外側から断熱材で包み込む外断熱工法を採用しており、ニッチ(壁に設けたくぼみ)を容易に作ることができます。また屋根の内側から直接ウレタンを吹き付けることによって高い断熱性を実現。小屋裏のスペースを有効活用できます。

外断熱工法について詳しく >

三交ホームの設計力①

敷地の「制約」「個性」に変える!

image

三角形の土地や間口の狭い土地に建築するのは難しい?
いいえ、そんなことはありません。
土地の形状に関わらず、魅力的な住まいをご提案できます。

一般的には敬遠されがちな変形地や狭小地。確かに、住宅メーカーによっては、
対応が困難なケースもあるかもしれません。
しかし三交ホームは、どのような土地であっても有効活用できる、
柔軟性のある設計を得意としています。
設計力の違いを、ぜひ実感してください。

三交ホーム大府展示場イメージ

L字型の土地を有効活用した、「三交ホーム大府展示場」

土地のかたちは…
土地のかたち

三交ホーム大府展示場の敷地は、L字の変形地です。さらに斜めに区画されている場所もあり、敷地の一部が鋭角になっています。制約の多いこの敷地をどのように有効活用するのか。設計にあたって主に2つのポイントを重視し、この建物だけの個性を表現しました。

  • POINT 1L字という敷地の特性を活かしたデザイン
  • POINT 2どの角度から見ても美しい外観に
設計の工夫で、どこから見ても“絵になる”外観に。
1.雁行部分
雁行部分
斜めの敷地形状に沿って雁行型のデザインに。階段や外部収納スペースとして有効に活用しています。こうした土地形状に柔軟に対応できることも、木造軸組工法の強みです。縦のラインが建物のアクセントとなって、洗練された印象を与えています。
2.玄関
玄関
母屋と離れの間に設けた玄関は、正面に大きな窓を設け、明るさと開放感を演出。奥行の狭い敷地の制約を、この家だけの個性に変えました。建物を裏側から見た時に感じられる凹凸感も、魅力のひとつです。また玄関の2階部分には、バーベキューなど多目的に使える、広さ十分のバルコニーを設けています。
3.離れ
離れ
L字の敷地の特徴を活かし、多目的に使える「離れ」を設けました。また設計のバリエーションとして、このスペースをガレージにすることも可能です。
  • 1階床面積 : 138.11㎡
  • 2階床面積 : 112.85㎡
  • 建築面積 : 145.36㎡
  • 延床面積 : 250.96㎡(75.91坪)
木造軸組工法の自由度を活かし、外観の「面白み」を演出しました。

(設計担当者のコメント)

展示場に来場されるお客様は、正面だけでなくあらゆる角度からモデルハウスをご覧になります。そうした点を考慮し、「どの角度から見ても絵になる外観」をめざして設計を行いました。L型の変形地という制約を強みに変える逆転の発想で、雁行型のデザインや凹凸感の演出によって外観に“面白み”を加えることができたと思います。木造軸組工法だからこそ実現できる形状の美しさを、感じていただければと思っています。

CASE STUDY

オーナー様
実例

限られた広さの細長い土地。
その可能性を引き出した住まい

D様邸(名古屋市瑞穂区)/ご夫婦+お子様3人/123.81㎡(37.45坪)・4LDK・⽊造軸組⼯法・外断熱

間口が狭く面積の限られた敷地を、広く活用するために。

長男の小学校入学と次女の保育園入園というタイミングに合わせて、自宅の新築を検討されたD様。ご主人の実家付近に親御さんの所有地があり、この場所への建築を決定されました。D様が重視されたポイントは、間口が狭く限られた面積の敷地をできるだけ広く使うこと。そこで、木造軸組工法・自由設計の三交ホームに提案を依頼されました。

イラスト
POINT
東西に長い敷地はT字路の正面に位置しており、南北の隣地には手が届くほど近い距離に建物が建っています。広さを追求するだけでなく、プライバシーへの配慮も重要なポイントとなりました。
中に入ると広さを実感!
明るさとプライバシーを両立させたプラン。
イラスト
  • 玄関画像
    ■玄関
    建物脇にアプローチを設け、敢えて奥まった場所に玄関を設けることで、道路からの視線が届かないように配慮しました。この位置に玄関を設けることによって廊下の距離が短くなり、スペースのムダを省いて広く暮らすことができます。また、玄関を斜めの角度に配置したことで室内の幅が大きく制限されず、和室のスペースを確保できるようになりました。
  • バルコニー画像
    ■バルコニー
    T字路の突き当りの位置にあるのが、2階のバルコニーです。バルコニーの奥行を広く取ることによって、寝室が奥まった位置になり、前面道路からの視線を回避しています。
  • 小屋裏収納画像
    ■小屋裏収納
    小屋裏を最大限に活用し、ゆとりのある収納スペースに。お子様が小さいうちは遊び場としても使えます。キッチンやリビングにいるご両親の声が届くよう、壁にルーバーを採用。お互いの気配が伝わるよう工夫しました。
  • LDK画像
    ■LDK
    勾配天井にすることで、「高さ」による開放感を演出しました。もっとも高い部分の天井高は4メートル近くになります。間口が限られ平面的な広さを確保する限界がある中で、立体的な広さを追求しました。
  • 2階の採光画像
    ■2階の採光
    南北に建物が隣接しており、窓からの採光が東側だけに限られてしまいます。そこでご提案したのが、トップライトによる採光です。2階LDKのメリットを活かし、天井部分から明るさを確保しました。

D様コメント一番のお気に入りは、広くて明るいLDK。理想通りの住まいが完成しました。
写真

三交ホームさんにお伝えした要望は、狭い土地をできるだけ広く住めるプランを提案していただくこと。ご担当の設計士さんが、狭小地に家を建てた経験をお持ちだったので、その経験を踏まえて提案していただきました。完成した住まいの中で特に気に入っているのが、LDKの高い天井です。床面積は狭いものの高さがあり、開放感を感じます。トップライトのおかげで日当たりも良く、夕方の遅い時間帯でも電気をつけずに過ごせるほど明るさに満ちています。
また、子どもたちの遊び場として有効活用しているのが、LDKとつながる小屋裏です。子どもたちが遊んでいる声が聞こえ、いつも気配を感じることができます。さらに外断熱工法で冬を暖かく過ごせることも、お気に入りのポイントです。広さと明るさ、コミュニケーションの取りやすさなど、あらゆる面で満足しています。


設計者コメントお客様の理想のイメージに近づくような提案をめざしました。

D様のご要望は、「狭い土地だけど、広く暮らしたい。そんな家を考えてほしい」という一点でした。設計者にとっては、腕を試されるようなご要望です。何とか良いご提案をしたいと考えました。3人のお子様は可愛く元気いっぱいで、とても仲の良いご家族です。そんなD様ご一家が楽しく毎日を過ごすためのお手伝いをしたいと思いながら、設計に取り組みました。
D様に限らず、住まいを新築されるお客様のほとんどが、「どんな家に住みたいか」という理想のイメージをお持ちです。私たち設計者はそんなお客様の気持ちに応えることはもちろん、10年・20年先を想像してプランをご提案する必要があると思います。そうした気持ちが届き、D様にご満足いただけたことに、喜びを感じています。

変形地のメリットを活かせるメーカー選びを。

変形地に家を建てるメリットは、土地の価格を比較的抑えられること。
ただし、せっかく購入したとしても、土地の形状に会った間取りを設計できなければ、制約面ばかりが目立ってしまいます。
その反対に、その土地の個性を活かしたプランが実現できれば、他のどの家とも違うオリジナリティのある住まいづくりが可能になります。
そのため、設計力のある住宅会社を選ぶことが重要になるのです。

これから土地をお探しの方も、土地探しからサポートいたします。詳しくはこちら >

三交ホームの設計力②

設計力+提案力=「本当に住みたい家」

自由度の高い設計力に加え、三交ホームの大きな強みといえるのが、お客様の理想に応える「提案力」です。
自由な発想で提案を行い、お客様の希望や考えを形にした、3つの建築実例をご紹介します。

三角屋根の下に広がる大空間。最小限の間仕切りで耐震性を追求。
K様邸

K様邸(三重県桑名市)

  • ●「スペイン風」のイメージで、三角屋根のシルエットにこだわりをお持ちだったK様。間仕切りを減らした大空間をご要望されました。
  • ●少ない間仕切りで耐震性を保つために、設計担当者が何度も構造計算を繰り返し、地震に耐えられる強度を確保しました。
  • ●そうしたプロセスを経て実現したのが、三角屋根の勾配を活かしたプランです。2階にはフリースペースやウォークインクローゼットを設けました。
  • ●木造軸組工法の強みを活かした大空間。吹抜の天窓からは自然光が注がれ、部屋全体を明るく包みます。
伊勢湾を臨む、2階LDK。大きな窓から注ぐ朝日が、家族を包む。
M様邸

M様邸(三重県鈴鹿市)

  • ●伊勢湾を臨む景色の良い場所に立地するM様邸。このロケーションを存分に楽しめるプランを提案しました。
  • ●オーシャンビューを満喫するために採用されたのが、広びろとした2階のLDKです。
  • ●家族のコミュニケーションを取りやすい開放的なLDK。窓を大きく開くと、心地よい波音が部屋中に響きます。
  • ●大きな窓からの採光は、この家ならではの贅沢。海から登る朝日を勾配天井がやさしく受け止めます。
素材や設備にこだわった自由度の高い設計で、理想の住まいを実現。
M様邸

M様邸(三重県津市)

  • ●当初から想定されていたのが、亡きお父様の想い出の品である船のラダー(舵)を取り付けること。ラダーが美しく映えるよう、真っ白な壁紙を選びました。
  • ●ウォールナットの無垢の床材や造作家具にもこだわり、和の情緒を感じさせる上質なデザインに。
  • ●薪ストーブが置かれたLDKは、広さと明るさが魅力の落ち着いた空間です。
  • ●和室の天井には着脱式の換気フードが取り付けられるアタッチメントが備えられ、ゲストを招いて鍋料理や鉄板料理を楽しめる仕様となっています。

自由設計を支える、私たちの想い。

自由設計を実現する、技術力と設計力。それらを最大限に活かす提案力。
すべてのベースにあるのは、「お客様の理想にお応えしたい」という想いです。
自由設計に、決まった正解はありません。お客様の考えを理解し、
時にはお客様ご自身が気づいていない想いまでを感じ取って、
世界でただひとつの住まいを提案したいと考えています。
新しい暮らしへの期待や、家族でやってみたいこと。
住まいづくりへの想いを、ぜひ私たちに聞かせてください。

三交ホームの3つの強み