• SANCO

CONCEPT MODEL

ワンフロアに、楽しさを全部。

ひとつのフロアをゆったりと使い、家族を身近に感じながら暮らす。そんな平屋の良さが、改めて見直されています。
コミュニケーションの取りやすさや空間の一体感は、平屋ならではの魅力。三交ホームの平屋なら、木造建築の自由度を活かして、暮らしのイメージを自在に表現することができます。
叶えたいことを全部ワンフロアに盛り込んだ、楽しい平屋の暮らしを始めませんか?

木造住宅(戸建)平成25年時点の建築数

戸建木造住宅の中で平屋は約16%。また、毎年約8%の割合で平屋が建築されています。「老後の理想の住まい」を聞いた調査では約50%の人が平屋を希望しているほか、若い世代にも平屋の人気が増加中。家族の少人数化やコンパクトな暮らしの志向、スローライフの浸透などを背景に、平屋の人気が着実に高まっています。

出典:平成25年住宅・土地統計調査/総務省統計局

1三交ホームの平屋には、メリットがいっぱい!

家族との距離が近く、会話がしやすい。

平屋の大きな魅力といえるのが、コミュニケーションの取りやすさ。すべての部屋が同じフロアにあるので、家族の接点が自然に生まれます。ハラハラドキドキさせられることの多い年齢の子どもでも、しっかりと見守ることができます。

フラットな生活動線で、移動がスムーズ。

家事のシーンで実感できるのが、フラットな生活動線の使いやすさ。掃除や洗濯をする際に階段をのぼり下りする必要がなく、身体への負担を減らすことができます。安全性に配慮した設計で、家の中の事故を未然に防ぐことができます。

自由設計で、思い通りの間取りを実現。

階段スペースや2階の間取りによる制約を受けず、自由な間取りを実現できることも、平屋の魅力です。
三交ホームが採用する「木造軸組工法」は壁や窓の位置が制限されにくく、多彩な個性を表現することができます。

耐震性や断熱性の高さも、安心のポイント。

構造が安定していて耐震性が高いことも、平屋の特徴に挙げられます。また、長く快適に暮らす上で重視したいのが、建物の断熱性能です。三交ホームは、外断熱工法によって一年を通じて快適な空気環境を実現しています。

2三交ホームがご提案する、プランの一部をご紹介!

One Story House CASE STUDY1

中庭を囲む家

外からの視線を気にせず、窓を開けて一日を過ごす。
風も光も、笑い声も、この中庭が運んでくれる。

玄関を開けて建物の中に入ると、目の前に広がる開放的な中庭。家の中心に、家族のためのプライベートな屋外空間を設けました。天気の良い日に窓を大きく開けて過ごせるのが、この家のうれしさ。心地よい光と風が、中庭から室内に注がれます。

また、中庭を介した視界の広がりも大きな特徴です。子どもがどこにいても姿が見え、親も子も安心して過ごすことができます。水廻りスペースからの距離が近く、コンパクトな動線で洗濯物が干せることも、この中庭の魅力です。

One Story House CASE STUDY2

2人サイズの暮らし

好きなだけ趣味に打ち込み、ペットと触れ合う。
夫婦のこれからを楽しむために、この家を建てました。

夫婦それぞれの趣味や、ペットとのふれあい。本当に心地よいと思える時間を満喫するための住まいです。夫婦一緒の時間も一人で過ごす時間も、共に充実させるための工夫が満載。寝室や収納を独立させ、程よい距離感を保っています。

お互いを尊重しながら、2人のこれからの時間を育みたい。そんな気持ちに応える空間設計です。また、小上がりのダイニングを設けたことも、このプランのポイント。L型のカウンターが、食事の時間を楽しいものにしてくれます。

平屋のカタログでは、その他にも理想の暮らしに合わせた魅力的なプランをご提案しています。

  • 1.5階のある暮らし

  • 「和」でもてなす家

  • 家族が近づく家

  • 森の中に暮らす家

3住む人の個性を形にする、外観プラン。

三交ホームがご提案する、6つの外観プラン。平屋ならではの豊かな個性と、デザインの広がりをイメージしてください。

  • カフェを連想させる、かわいらしい”南欧風” のデザイン

  • 深い軒など日本家屋の良いところを取り入れた “和風”の家

  • 白とアースカラーを基調とした”シンプルモダン”の家

  • 太陽光発電やメンテナンス性を重視したシンプルなデザイン

  • 大きな片流れの屋根が伸びやかな印象の”ナチュラルデザイン”

  • 静かなリゾート地にたたずむコテージを思わせるデザイン

4「平屋」カタログのご紹介

カタログでは、2つのプラン以外にもテーマに合わせた全6プラン+参考プランをご提案。
平屋で実現できる暮らしがイメージできる内容となっています。
ライフスタイルに合わせた、将来のための理想の暮らしを見つけてみてください。