• SANCO

ゼロ・エネルギー・ハウス ZEH-ゼッチ-

これからの住宅は、エネルギーを自給自足する「Net Zero Energy House=ZEH」の時代へ。

政府がエネルギー施策として進めている「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」。
2020年までには、ZEHを標準的な家にするという目標も発表されています。
これからの住宅は、家庭で使うエネルギーを自分で創る時代になろうとしています。
省エネで光熱費の削減にもつながり、おトクなメリットがたくさんのZEH。
新築住宅をお考えのみなさま、ZEHで将来の暮らしを考えてみませんか?

ZEHのメリット

省エネ+創エネで、消費エネルギーが実質ゼロに。

余分なエネルギーを使わないから、環境にやさしい暮らしができるだけでなく、電気やガスの元のエネルギーを自分で創るから、光熱費の削減にもつながるのがZEHの特長です。さらに、太陽光発電で創ったエネルギーは蓄電して非常時の備えにもなるメリットも。ずっと住んでいく家だから、建てるときに考えられたエネルギー消費計画が、将来に活きてきます。

政府による住宅のエネルギー基本計画

家庭での消費エネルギーが増加傾向にある今、政府のエネルギー基本計画では
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、
2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す」とされています。

ZEHに認定される性能基準

断熱性能 + 省エネ性能 + 創エネ性能三交ホームの標準断熱性能は「ZEH」の断熱基準に対応!

ZEHの定義:ZEH=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスは、家庭で創るエネルギーが消費するエネルギーよりも大きい住宅のこと。つまり、「年間の一次エネルギー※消費量の収支が”0”になる住宅」と定義しています。エネルギーを自給自足し、環境にも配慮した快適な住まいの普及を目指しています。※一次エネルギー…石油や天然ガスなどの電気やガスの元になる自然に存在する資源。

つつむ おさえる つくる

三交ホームだから実現できる3つのポイント

外断熱で、エネルギーを極力使わない。POINT:三交ホームの外断熱工法なら、ZEHの断熱基準にもしっかり対応!

三交ホームの外断熱工法は、家をすっぽり包み込みます。エアコンや暖房器具を使わなくても、夏は涼しく、冬は暖かく、快適に過ごせるのが外断熱のいいところ。設備を使うこと自体が少なくなるので、余分なエネルギーを使わず、省エネにつながります。

POINT+三交ホームなら、ZEHでも自由なプラン設計が可能です!ZEHの断熱基準をクリアするためには、間取りや窓の大きさに制限が出る場合が・・・。しかし!三交ホームの外断熱性能は、そもそもの断熱性能が高いため、比較的間取りの自由度が維持でき、大きな吹抜空間や開放的な大きな窓がある住まいでも、ZEHを実現できます。

省エネ設備で、さらにエネルギーを節約。POINT:充実した高効率の省エネ設備をご提案します!

もっと賢くエネルギーを節約できる多彩な設備をご提案します。エネルギーを使わないようにするだけでなく、さらに長寿命なものを選べば、長期的なコスト削減にもつながります。省エネ設備例:高効率エアコン適切な室温に調節し、出力を自動で制御。消費電力を抑えます。高効率給湯器:エコキュートやエコジョーズなどの給湯システムで、ムダなくお湯をつくります。LED照明:消費電力が少なくて長寿命。低発熱で、夏場の室温上昇も抑えます。※その他にも多彩な省エネ設備をご提案します。詳しくは展示場スタッフにお尋ねください。

太陽光発電で、使うエネルギーを創り出す。POINT:省エネ設備と組み合わせれば、ランニングコストの削減に!

太陽光発電と組み合わせれば、省エネになるだけでなく、家庭で使うエネルギーをまかなえるから、年間の消費エネルギーが実質0に!POINT+さらにHEMSでエネルギーを制御!創ったエネルギーや使ったエネルギーを「見える化」。家庭内の電力使用量や太陽光発電の発電量・売電量などをPCやスマートフォンなどでチェックできます。スマートフォンなどでエアコンなどの設備を外部からコントロールすることも可能。最大限の省エネ効果を発揮してくれます。

太陽光発電 発電量シミュレーション例※1暮らしのランニングコストの削減と将来設計にもメリットが!

ZEHには、補助金制度や募集受付期間があります。もっと知りたい方はぜひお近くの展示場にお越しください。

お近くの展示場を探す

愛知、三重に9つの展示場があります。外断熱のこと、木の家のこと、気になったらまずは展示場にお越しください。

資料請求する

三交ホームの総合カタログをはじめ、断熱を学べる「外断熱ブック」もご用意しています。お気軽にご請求ください。

我が国の「エネルギー基本計画」において、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で実現が目標とされているゼロ・エネルギーハウス。三交不動産では、注文住宅・建売住宅・大規模リフォームにおいて、ZEHの普及を促進します。

◎三交不動産が取り組むZEH普及の目標

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH普及目標 5% 15% 28% 40% 50%