「プレイズ」という名の元に。
人、建物が響き合う住まいづくりを目指して。

すべての人に「住んでみたい」「住んでよかった」と思っていただけるマンションの創造を目指して。この地を新たに彩る風景を創造するにあたって、私たちは、建物を構成するすべてが響き合い、美しい旋律を奏でるような存在となるよう外観や外構デザインにこだわりました。そして、その佇まいには住まう方と共鳴し合い、揺るぎない信頼を築いていきたいという想いも込められています。

15階建て、全戸南向き。
壮大で開放感溢れるグランドビューも魅力。

外観には駅前の新たなランドマークにふさわしい意匠性を追求。15階建て・全戸南向きのファサードはシンメトリックなデザインとし、色調の異なるタイルを貼り分けると共に、垂直ラインのアクセントとなるマリオンを配するなど、豊かな表情を演出するようコーディネートしました。また、バルコニーにはガラス手摺を採用し、大空にすんなり溶け込むようなイメージに仕上げています。

質感や風合いにこだわりを。
様々なマテリアルが建物に豊かな表情を演出。

建物を構成するマテリアルのひとつ一つの質感や風合いへのこだわりを大切に。プロポーションや細部の造形に対する卓越した感覚、素材への行き届いた審美眼などが芳醇な香りを湛えた建築を生み出します。素材を吟味して選んだ様々な素材が演出するその豊かな表情は、周辺の街並みに調和しながらもこの地のシンボルとして新たなイメージを付加します。

上質さを予感させる佇まい。
揺るぎない風格を誇るエントランスアプローチ。

建物のエントランスアプローチは、オンとオフを切り換えながら、ゆっくりと本来の自分に還っていく開放的な領域。そこに込められているのは、何よりも来館の魅惑、帰館の安堵。フロアも壁面もモダンな構えを見せるデザインとし、明るいカラーのタイルを組み合わせて仕上げています。また、スクエアに張り出す先進的スタイルの庇を組み合わせることで、一層個性豊かな表情を演出しました。

道行く人にも安らぎを。
日常に潤いの風景を演出する豊かな植栽計画。

街角に季節の風情を演出し、住まう方や近隣住民の方の心を癒すために。エントランス周りを中心とし、暮らしに四季の表情や緑の潤いを演出する心地よい植栽計画を施しました。丹念に選び抜いた多彩な樹木や草花を、建物を取り囲む敷地の要所にバランス良く配置。それぞれの開花時期の計算はもちろん、植栽の高さや色合い、レイアウトなど、きめ細やかな工夫に満ちています。

日常の気分を優雅に演出。
ホスピタリティに包まれるエントランスホール。

ホテルのロビーを彷彿とさせる、格調高いエントランスホールのもてなしに身を委ねられる贅沢。ホワイトの大判タイルとダークブラウンの木質マテリアルがスタイリッシュさと同時に落ち着きを感じさせるコントラストを描き出します。また、高級感を漂わせる折り上げ天井や柔らかな光を放つダウンライトが居心地のいい趣きを添え、何気なく歩くひとときにも凛とした気分をもたらしてくれます。

街角に安らぎの領域を。
ここに住まう価値をさらに高める提供公園。

敷地南東角の広々とした公開空地を、住まう方はもちろん近隣住民の憩いの場にもなる提供公園に。周囲には風情豊かな植栽を配し、内側はコミュニケーションやリラクゼーションを高める公園空間として開放します。見慣れた街角の交差点でのゆったりとした公園の出現に、道行く人は驚きながらも緑の草木に包まれたその心地よい風景に心を動かされ、ひと息つきにやってくることでしょう。

暮らしに四季の自然の変化、緑の潤いが身近に感じられる植栽計画。

上質の安らぎを享受。
敷地形状を最大限に活かしたランドプラン。

敷地は南側・東側・北側が道路に面しており、独立性と開放性に優れた三方接道を確保。この恵まれた条件を最大限に活かして、全邸南向き・1フロア4邸中心のプランニングを行い、広々とした提供公園の設置や、完全歩車分離設計などを実現しています。また、駐輪場設置率は200%で一家に2台分を確保している他、随所に豊かな植栽を施し、住まう方を上質な寛ぎの日々へ誘います。

※掲載の完成予想図は図面を基に描いたもので、外観・色彩等、実際と異なります。また、行政官庁の指導、施工上の都合により、建物の形状・仕様・色彩・植栽等に変更が生じる場合があります。植栽は特定の季節や入居時の状態を想定して描いておりません。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

「プレイズ住吉 山之内」マンションギャラリー 営業時間/10:00~20:00(水曜日定休日)「プレイズ住吉 山之内」マンションギャラリー 営業時間/10:00~20:00(水曜日定休日)