• SANCO

先輩社員紹介

  • 注文住宅事業
  • マンション分譲事業
  • 賃貸事業
  • 環境エネルギー事業
戸建住宅事業
大学の空間デザイン学科でインテリアデザインや建築を学んだ後、都市計画に携わり地元に貢献したいと、三交不動産を志望。入社後は注文住宅の設計・施工監理を担当している。学生時代はアイスホッケー部でキャプテンを務めた体育会系男子。

現場百遍? 設計の基本を肌で覚えた日々

注文住宅の設計・施工・販売を行う注文住宅事業部。僕は技術課で設計・施工監理を担当しています。お客様それぞれのライフスタイルにふさわしいプランをご提案する自由設計が、三交不動産の家づくりの基本。自動車などとは異なり、一軒一軒つくるものが異なりますから、毎回が新しいチャレンジです。その積み重ねが経験となり、自分を成長させてくれると思っています。
入社後の1年間は、先輩建築士のもとで家づくりや設計の基本を学びました。なるべく現場に足を運び、構造や空間のサイズ感などを肌で覚えるようにしていきました。そして2年目になると、少しずつ先輩が設計を手掛けた物件の施工監理に携わるようになりました。そこで、先輩たちの技術力の高さを目の当たりにしたのです。設計者によってタイプはさまざまで、僕には思いもつかない間取りや動線プランなど、勉強になることばかりでした。また、優れた設計者の家づくりの現場は、監理が非常にスムーズにできるんです。例えば僕が設計して施工監理をほかの方に任せると、伝え漏れなどで現場が混乱することもあります。でも先輩たちの現場では、そういうことが一切ありません。図面が正確で美しいのはもちろん、完成にいたるまでのプロセスにも無駄がないんです。もちろん先輩方も、そこにたどり着くまでにたくさんの経験をして失敗から学び、自分のスタイルを築き上げたのだと思います。僕もそこからできるだけ多く学びとり、建築士としての成長につなげていきたいと思っています。自分以外は、みんな師匠ですから。