ZEH三交不動産のZEH

これからの住宅は、エネルギーを自給自足する

ゼロエネルギーハウス

ZEHの時代へ

これからの住宅は、家庭で使うエネルギーを自分で創る時代になろうとしています。
省エネで光熱費の削減にもつながり、おトクなメリットがたくさんのZEH。
三交不動産でもZEHの普及に向けて積極的に取り組み、
お客様が安心して生活できる快適な住まいをご提供しています。

ZEH《ゼッチ》とは?

『使うエネルギー』よりも『創るエネルギー』が大きい家『省エネ+創エネ』で、
お家の消費エネルギーを実質ゼロに。

『省エネ+創エネ』で、お家の消費エネルギーを実質ゼロに。

ZEH=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスは、
「年間の一次エネルギー※消費収支が”0”になる住宅」と定義されています。

※一次エネルギー:石油や天然ガスなどの電気やガスの元になる自然に存在する資源のこと

政府による
住宅の
エネルギー基本計画
家庭での消費エネルギーが増加傾向にある今、政府のエネルギー基本計画では
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す」とされています。

ZEHに認定される性能基準

三交不動産の外断熱・省エネ設備なら、ZEHの基準に対応しています。

ZEHに認定される性能基準

三交不動産が取り組むZEH普及の目標

我が国の「エネルギー基本計画」において、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で実現が目標とされているゼロ・エネルギーハウス。三交不動産では、注文住宅・建売住宅・大規模リフォームにおいて、ZEHの普及を促進します。

2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
ZEH
普及目標
5% 15% 28% 40% 50%
ZEH
普及実績
6% 11% 17% 12%

※ 2019年度 BELS表示割合 12%

三交不動産の
“ともに歩む” まちづくり

三交不動産では、常に「自然との共生」に目を向け、
各事業活動を通じて持続的発展が可能な社会の発展に貢献しています。
地球にとっても、地域にとっても、一人ひとりのお客様にとっても、ともに未来に誇れるまちづくりを目指しています。

SDGsへの取り組み

三交不動産におけるSDGsへの取り組み

三交不動産では、その他にも様々な取り組みを事業を通して行っております。詳細については、SDGsへの取り組みとして、こちらのページにて紹介しています。