• SANCO

三交ホーム 今こそ「ZEH」!はじめるキャンペーン

家計にやさしい「ZEH」の魅力を紹介!

『知らなきゃ損!? 政府がすすめるZEH普及プロジェクト!』

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、一言で言えば「年間消費エネルギーがゼロの住まい」。
そんなことありえないって?いいえ、冗談ではありません!
家庭の「消費エネルギー量」より、太陽光発電などが生み出す「創エネルギー量」が多くなる仕組みを実現。そんな夢の住まいを支える「ポイント」は自家発電ともう2つあります。

1つ目が外気温の影響を受けにくくする高断熱・高気密。年中快適に暮らすため、住まいを断熱材で包み込み室内温度をキープ!エアコンの使用も最小限となり、消費エネルギー量を抑えることができます。

2つ目がエネルギー消費を抑える省エネ設備。高性能エアコンや高効率給湯器などを組み合わせ消費エネルギー量の節約につなげます。「太陽光発電」「外断熱」「省エネ設備」というエコの3重奏こそZEHのヒミツなのです。

ZEH普及に向けたロードマップまさにエコロジー社会の救世主。
そんなZEHのパワーは、政府も認めています!
政府は日本におけるエネルギー需給問題の切り札として、2020年までにハウスメーカーや工務店が建てる新築住宅の過半数をZEHにすることを目標に設定。
「ZEH支援事業」として「ZEH補助金制度」を設け、ZEHの住まいを検討されている方々を後押ししています。どうせ新築にするなら、補助金を受けられる方がお得!
今後、ZEHが普及するのは間違いないですね。もちろん平成29年度の支援事業が継続されることは決定済みです。
家計にやさしく、環境にもやさしい、政府が認めた次世代ハウスZEH。

近い将来、社会の当たり前になる夢の住まいを、先取りしてみませんか?

『三交ホームのZEH“3つのステップ”!』

外断熱で、エネルギーを極力使わない。

住まいの快適さは、断熱性能ひとつで大きく変化します。
三交ホームでは、柱の外側を断熱材でまるごと包み込む方法を採用。
寒い季節、断熱性能が低い住まいは壁に外の冷気が伝わるため室内が冷えてしまいます。
一方、外断熱ばっちりの三交ホームの住まいは壁の表面が冷えず、快適な室内温度をキープ!家族みんなが心地よい空間をそっと演出します。

高齢者ほど室温低下による血圧上昇が大きい!また、室温は家族の健康にも影響するという研究成果も。
冬場の起床時の室温が低いほど血圧が高くなる傾向があることから、住まいにおける断熱性の重要度は高まっており、家族の健康を考える方々への普及は一層進むと言われています。

省エネ設備で、エネルギーをさらに節約。

財布にやさしい最新鋭の省エネ設備は、エネルギー消費を抑えコツコツ節約。
これからの人生で毎日使うものだからこそ、ちょっとした違いが大きな蓄えにつながります!
もちろん、暮らしの快適性はそのまま。明るく、楽しく、暖かい家庭づくりを支える賢いパートナーです。

太陽光発電で、消費分のエネルギーを補う。

石油や天然ガスといったエネルギー資源に乏しい日本では、将来の電力供給に大きな不安を抱えている方もいます。
自然エネルギーを活用した自家発電システムは安定した電力を確保するための救世主であり、発電して余った電気は売ることも可能!また、災害時には非常用電源としても活躍します。

三交ホームなら、オプション4点をプラスすることでZEH申請基準をクリア! 補助金の交付申請が可能に!

ZEHがいいのは分かったけれど…

Q1高額な費用がかかるんじゃない?

A約10年使えば初期費用を回収可能!

調達価格の算定方法たしかに設置費用はプラスされますが、太陽光発電の発電エネルギーを売電することにより約10年間で初期費用を回収できます。
補助金制度のあるいまこそ、ZEH導入のチャンス!

Q2わざわざ自家発電する必要なんてあるの?

A電力会社への支払いは、上がり続ける一方!

電力コストの上昇/固定価格買取制度 導入後の賦課金の推移電力会社への支払い金額は、発電燃料費の高騰や家庭で使用される電化製品の増加などの影響により、年々上昇。また、太陽光や風力をはじめとした再生可能エネルギーを普及させることを目的に電気料金に上乗せされる「再生エネルギー賦課金」も、値上がりし続けています。こうした要因が重なり、今後も電力会社への支払金額は上がり続けることが予想されるいまこそ、自家発電を取り入れるタイミングなのです!

Q3本当にZEHって広まっているの?

A魅力満載のZEHに、申請数は増加中!

年度別申請件数(5年間の推移と傾向)「ZEH補助金制度」への申請数は増加中!平成28年度は4年前の20倍を超える申請がありましたので、今後さらにZEHを導入する方は増えると言えます。

「ZEH補助金制度」の申請はお早めに!

ZEHのことなら三交ホームへ

ZEHビルダーの約8割が未申請「ZEHビルダー」とは、2020年度までに受注する住宅のうちZEHの割合を50%以上とする事業目標を掲げる、政府認定の住宅事業者です。三交ホームは「ZEHビルダー」として、より多くのご家族にZEHの魅力を伝えるために活動中!住まいの省エネ性能を評価する「BELS」の取得も可能で、「ZEH補助金制度」の審査を他社よりも有利に進めることができます。「ZEHビルダー」全体の約80%が「ZEH補助金制度」への申請実績がないからこそ、ZEHに関する豊富な経験値に高い認定実績、そして快適で笑顔あふれる住まいづくりを追求する三交ホームに、ぜひお気軽にご相談ください。

ZEH補助金制度について

環境にやさしい次世代住宅「ZEH」。これからの社会に一棟でも多くこの住まいが息づくよう、政府は補助金を交付することでZEHを始めるご家族を支援しています。三交ホームは、この地球の未来につながる取り組みを応援するため、持続可能な社会に貢献したいご家族の補助金申請をサポートしています。その結果、平成28年度はZEHを取り入れた住宅の80%が補助金申請に合格!お客様の幸せづくりに貢献したいという思いが、当初の目標を上回る実績を生み出しました。現在では、三交ホームが手掛けた6.7%の住宅がZEHを導入。地球も家族もうれしい「ZEH補助金制度」。活用しない手はありませんね!平成29年度の公募期間は5月から8月。この機会をぜひお見逃しなく!

平成29年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業)」

今こそ『ZEH』! はじめるチャンスです!

「今こそ『ZEH』! はじめるキャンペーン」概要
期間 2017年4月15日(土)~6月30日(金)
ご成約特典内容 上記期間中、ZEHオプション100万円分プレゼント(ご成約の先着20組様)
お申込方法 三交ホームのお近くの展示場まで直接お申し込みください。
先着順に受け付け、予定数になり次第締め切らせていただきます。
特典進呈条件 本キャンペーンの対象者は以下の条件全てを満たす方に限ります。
  1. 当社施工可能エリア内に土地をお持ちの方、もしくは購入予定の方。
  2. キャンペーン期間内(平成29年4月15日から6月30日まで)に建物の請負契約を締結いただける方。
  3. 平成30年3月末日までに建物のお引渡を受けていただける方。
  4. お引き渡しまでの間に現場見学会の開催、またご入居後にお客様の個別案内にご協力いただける方。
その他注意事項 同業者様、一世帯複数のお申し込みはご遠慮ください。
他のキャンペーン特典やサービスとの併用はできません。
詳しくは三交ホーム各展示場のスタッフまでお問い合わせください。
広告有効期限 平成29年6月30日